C型肝炎から肝臓がん/プロローグ その1

C型肝炎は普通の病気とは感覚的に全く違い、何十年という長い年月を経て外見から感知できず、自覚症状もほとんどなく、言 われてみれば少しは疲れやすかったかなと思えるくらいで、静に潜行し肝硬変になったのも気付かず、がんに移行していきました。

5年あるから、10年あるからと油断すると、5年や10年なんてあっという間に過ぎました。そんな私のC型肝炎から肝臓がんに なって完全克服した体験を聞いて下さい。

毎日元気に働いているし、元気でどこも悪くないし、安心して正月を迎えたいために、平成11年12月22日、医者に行かない歴6年を経て、かかりつ けの病院ではなく別の病院へ検査に行きました。

血液検査、造影CTが終わり、呼ばれて診察室の中に入りますと、「家族の方を呼んで下さい」これが今日の検査で出された答えでした。

私がこんなことを言われたら、がんに決まっているからです。

このままにしていると10年経ったらC型肝炎からがんになりますと、平成2年春に、県立病院で言われた言葉がとっさに頭をよぎり ました。
もう10年経っていました、あっという間に。

関連記事

  1. C型肝炎から肝臓がん/プロローグ その2

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: C型肝炎から肝臓がん/プロローグ その1

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://yokubarigenki.web7.jp/mt/mt-tb.cgi/436

コメントをどうぞ






TOPPAGE  TOP 

カテゴリー

Sponsored Link

月別アーカイブ

サイト内検索