完治!そして感謝!

完治!そして感謝!

コメント(0)  | トラックバック(0)

いろいろなことが相俟って、私だったら吉田さんの症状でこんな治療はしきらないと言ったドクター。

6年間の無検査、無治療のために辿り着いていた状況ではありましたが、信頼できる最高のドクターに出会い無事に切り抜けて、ガン完治から6年目にし て連れ子のガンを退治し、100パーセントとは言えないが吉田さんはもうガンの製造元がないからガンにはならないと思います。というところに到達していま す。

私は、頑張ってつらい治療ですが、C型肝炎を克服した時に、今まで味わえなかった喜びの人生を味合うことができると思うのです。

このことが体験の中で一番お知らせしたいことです。C型肝炎は20年も30年もかけて悪化していきますので若い方ではいないと思 います。

私は今、73歳という結構老人ですが、73歳を喜んで感謝して生きていますから、元気で活き活きしているとか、エネルギーがあるとかいわれます。

ごく最近従妹と二人で、車での2泊3日の旅行をしました。博多1泊、日本海の角島、青海島、萩、俵山温泉1泊。下関で2時間迷子でうろうろしたり、 旅館は山の又奥で真っ暗くなり、行けども行けども山の中というような山の中の旅館でした。

ハプニングあり、怖さありも楽しんで通り越しました。帰りは秋吉台をめぐり、道の駅に寄り、中国道壇ノ浦で一休み、小倉東で高速を降り、新北九州空 港の2,100メートルの橋を渡り、遅くなった昼食をとりました。

場内見物やお土産買い、国道10号線で帰ってきました。二人の年齢を計算すると138歳、走行キロ約1,000でした。

喜んで、感謝して楽しみますと、免疫力も増し、エネルギーも湧きでてきます。命があるから生きているのではなく、喜んで、楽しんで、感謝して生きて いって頂きたいと、体験を通して申し上げたいと思っております。



Page: 1
TOPPAGE  TOP 

カテゴリー

Sponsored Link

月別アーカイブ

サイト内検索