結婚と人間関係で悩んでいるあなたに

This page:結婚と人間関係で悩んでいるあなたにTOP > 書類と慰謝料 > 離婚するならお金のことはしっかりね。 > 離婚するならお金のことはしっかりね。

離婚するならお金のことはしっかりね。



離婚するには、結婚する時の何倍ものエネルギーが必要です。
1人で悩んでいないで、親しい人、信頼できる友人、弁護士などに相談しましょう。
きっといい考えが出てくるはずです。

離婚が決まって大変だったのは、お金のことを決めること。
守銭奴扱いされ、仲間のいない中で戦っていた私は、
後で考えると結構言いくるめられたような気がします。
まず、財産分与では、本当なら半分ずつにするところを、結局預金の半分をもらっただけになりました。
財形で貯めたお金が200万あったにもかかわらず。
なぜ、もらえないと思ってしまったかというと、
姑に、「結婚前から貯めている分は、夫婦の共同財産にはならないから、あんたには権利がない。」
と言われたから。
「知り合いの弁護士に聞いてきた。」って言うから信用しますよね。普通。
しかし後で分かったことは、結婚後に貯めた金額の半分はもらえるという事。
ちくしょ~!だまされたぜ!
私ではなく、相手の方が守銭奴だったと気づくべきだった!
他にも、養育費。
本当は、5万円もらいたかったんですよね。
実際、これは色々調べて、給料と比較して、7万円もらえることを知り、でも7万円じゃかわいそうだからと、
申し入れた5万円。
「バカじゃないの?今時もらえるだけありがたいと思いなさい!3万よ!3万!それ以上は、常識外です!」
これも、知り合い弁護士って言葉が出てきましたね。
でも実際いろんな人から聞いた話じゃ、5万はもらってるんだよね・・・。
これは本当にちゃんとしとかないとね。
実際、払わない人のほうが多いと聞く。
離婚時に、出来る事なら一筆証書にしておいたほうがいいみたい。
払わない場合、財産差押えできると聞きました。
しかし実際の離婚の話し合いの時、
「そんなの何で書かないといけないの?私たちが信用できないの?失礼な!」
なんて言われたら、強く言えなくなってしまいますよね。
でも、どんなことを言われようが、このとき書いてもらったほうがいいですよ。ホント。
ずべての離婚の話し合いの時、主導権を握っていた姑。
その姑から逃げるため、忌々しい家から逃げるため、
自分の軽のハコバンに載るだけの荷物を積み、愛する子供と一緒に出て行こうとする私。
庭先で言いました。
「お世話になりました。」と
姑は言いました。
「近所の人に外聞が悪いから早く行け!」と
最後まで忌々しいやつめ!と思ってたら、それが最後じゃなかった。
実家の母宛に届いたんです。手紙が。それも私の悪口盛りだくさん。
「そんな娘に育てたあなたにも責任があるんじゃないんですか?離婚の原因はすべてそちらにあります。」
と書かれた手紙を、速攻燃やしてましたね。母は。
取っといて名誉毀損で訴えればよかった・・・。