結婚と人間関係で悩んでいるあなたに

離婚原因



離婚するには、結婚する時の何倍ものエネルギーが必要です。
1人で悩んでいないで、親しい人、信頼できる友人、弁護士などに相談しましょう。
きっといい考えが出てくるはずです。

離婚できる正当な理由は、法律上で言えば、
民法770条 離婚原因(離婚できる正当な理由)
不貞行為
悪意の遺棄
生死が3年以上明らかでない時
強度の精神病の時
婚姻を継続できない重要な原因があるとき
と、あります。
しかし、最近の離婚の原因第1位は、
「性格の不一致」だそうで、昔の人が聞いたらビックリしますよね。
しかし性格の不一致も、あなどれない。
性格が合わないと、相手に興味がなくなる。嫌いになっていく。
最終的に同じ部屋の空気を吸うのも気持ち悪いという位になる。
そりゃ離婚もしたくなるっちゅの。
性の不一致も原因の1つに挙げられますよね。
友達に、どうしても子供が欲しいという人がいました。
しかし、そこのご主人は性欲ゼロ!典型的なセックスレス夫婦。
性行為がなくっちゃ、子供ができるわけがない。
相当説得したらしいです。彼女。しかし話し合いのたびに逃げる。
1年経っても2年経っても性行為なし。
本来なら、夫婦の片方が性行為を求めている場合、
何の理由もなく、1ヶ月以上性行為を断り続けたなら、充分、離婚の原因になるそうです。
離婚して新しい人と子供のいる暖かい家庭を築きたいと思ってみても無理もない話。
しかし、離婚原因があって離婚できるのは、離婚原因が相手にある人のみ。
私の前結婚で言えば、私が「離婚したくないわ」と言い続ければ、
相手がどんなに離婚したくても、出来なかったんだよね。
「不倫相手と結婚したいから別れて」なんて、自分に都合のいいようにはいかないってこと。