禁煙日記(2ヶ月目)



スポサードリンク


何とかかんとか、2ヶ月間。タバコ吸いませんでしたよ。
振り返って思うこと。あんなに1日1日が長く感じていたのに、
あっという間だった気がします。

なぜ今までやめれなかったのか?不思議でなりません。
妊娠中にやめていればよかった。
たまに「こんなときにタバコを吸っていたなー。」と振り返ることもありますが、
だからと言って「吸いたいなー」とは思いません。タバコを吸ったときの口の中の嫌な味を思い出すから。

吸っていたときには感じなかったタバコの不味さを、やめてから初めて知りました。
煙の臭いも今までと違って感じます。
完全に体から、ニコチンがなくなったせいでしょうね。

タバコの煙が顔にかかると眉間にしわをよせながら、手で払うような仕草までする、
タバコを吸っていたときには「嫌なやつ~」と思うような嫌煙家になりました。

今は知り合いに禁煙を勧めまくっています。友達からみれば迷惑な話ですが・・・
しかし、禁煙を勧めることで、自分が再び吸う事を防げています。
人に薦めておきながら、「また吸いだしちゃったー。エヘッ」なんてとても言えないですもん。

果たして再びタバコが吸いたくなる時はくるのか?
今はぜんぜん考えられません。
禁煙1ヶ月目くらいのときは、まだ、吸いたい気持ちが残っていましたが、
今はありません。

が!人生何があるか分かりません。
何かの拍子に「タバコでも吸わな、やってらんねーぜ!」なんて事にならないとも限りません。

その時は禁煙に苦労したこの2ヶ月のことなんてすっかり忘れてしまうのでしょうか・・・
「人間ってやつは、忘れることが出来るから生きていけるんだぜ。」
と言うせりふが頭の中をよぎりましたが、
初心忘るべからず!

タバコが吸いたくなった時は、冷静に、
「今、タバコを吸うことで本当に幸せになるのか。」と自分に問いかけたいと思います。

そのときの私が、
「いーじゃん、いーじゃん。一本くら~い。」なんて考えるバカなやつじゃなければいいんだけど・・・