禁煙グッズ



スポサードリンク


禁煙失敗期間3年。失敗続きの毎日でした。
毎日毎日、楽してタバコをやめる方法はないかと、考えてきました。
そして、いろいろな禁煙方法を調べ、試してみました。

自分や、禁煙成功者などから聞いた、禁煙方法や、グッズをここでは紹介しようと思います。
まず、禁煙するのに今は保険がきくって知っていますよね。

病院で禁煙指導を受けながら、"ニコチネルTTS"という禁煙パッチなるものを使ってやめる方法。
指導を受けながら、パッチをだんだん小さなものに変えていき、2ヶ月ほどで終了となります。

パッチ剤を使った禁煙を、ニコチン置き換え療法といい、
"ニコチネルTTS"で、皮膚から経皮的にニコチンを供給してもらい、離脱症状をやわらげ、
習慣としてのたばこを絶つという方法です。

医師が直接指導してくれることもあり、効果は高いと思いますが、問題も。
まず、すべての病院で出来るかというと、そうではないこと。

第二に、指導料というのがかかるため、保険がきかなかったときと、あまり値段的には変わらなくなる、
ということがあります。

しかし、楽してやめたい人、意志の弱い人にはおすすめです。
禁煙補助剤ニコレット。これは、禁煙できた人と出来なかった人、さまざまでした。

ニコレットを噛むことで、体はニコチンを取り込んでいるんですから、身体的にはきつくないはずです。
しかし、二コレットでやめれなかった人は、「噛んでる間でさえ、吸いたかった。」
と言っていました。つまり、心理的依存のほうが高かったと言うことですね。

こういう人は、本人の意思が重要になってくるので、方法の問題ではないです。
ニコレットによってやめれた人は、「楽にやめれた。」
と絶賛していました。

まずは、強くやめたいと思うこと。心理的な依存を認めることが重要だと思いました。
しかし、禁煙したいが習慣的にタバコを吸いつつやめたい。

なんて考えてしまいます。習慣をやめずに禁煙する方法。
禁煙草というタバコそっくりだけど、ニコチンタールが入ってないと言う、画期的な禁煙方法もあります。
タバコをやめながら禁煙する。なんていい方法。

誰にでも出来る!
これ欲しかった!しかし割高!タバコに比べるとめっちゃ高い!
だが、ここで考えもの。1ヶ月で禁煙できれば、2ヶ月目からは、延々とタバコに使っていたお金を
使わなくなる。3ヶ月もしないで元が取れます。

たばこの本数を少しずつ減らして、最終的にこれでやめれば、もっと浮きます。
この禁煙草に似た、薬局で売っているものでネオシーダーというものがありますが、
裏を見れば分かりますが、これは、喫煙している人が喉が痛くなったときタバコの変わりに吸うためのもので禁煙補助剤ではありません。

ちなみに私もこれで、禁煙しようと試みましたが、逆においしく感じ始め、
結局、ネオシーダー中毒のようになってしまいました。

やはり吸いながらやめるには、禁煙草の方がいいですね。
ちなみに私が禁煙成功した方法は、
ドクタースモーキングというものをタバコに付けることによりニコチンの量を減らしていき
段々ニコチンを欲しなくなる方法でした。

2ヶ月間これを使用してから、本格的に禁煙しました。その結果◎。
先行投資したことによって、やめなきゃもったいないと言う気持ちになったことも、
よかったと思います。

損して徳とれとはよく言ったものです。お金をかけたほうがやめれるかも?