妊娠中絶について(妊娠検査薬)

できれば、子どもは望まれたところに産まれてきてもらいたい。 しかし、いろいろな事情から産めない人もいるはず。 これはそんな人のためのページです。

妊娠中絶について(妊娠検査薬)

できれば、子どもは望まれたところに産まれてきてもらいたい。
しかし、いろいろな事情から産めない人もいるはず。
これはそんな人のためのページです。

妊娠中絶を決めたら、急がなければなりません。

初期の段階で手術しないと、肉体的にきつくなります。
できれば、妊娠12週までに手術したほうがいいでしょう。
22週を過ぎると中絶できなくなります。

妊娠周期は、最終月経日を「0週0日」とします。
ですから、妊娠権検査薬で生理予定日1週間後に検査したとして、
その時点で妊娠4週目に入ってると思ってください。

12週間までには、約8週間しかありません。
その間に相手と話し合ったり、病院を予約したり、同意書を用意します。
費用は保険がきかないので、10万円ほど。
12週を過ぎたら、薬を使って、陣痛を起こし普通分娩になるので、
役所に死亡届を出さなくてはいけませんし肉体的に負担が多くなります。
12週までの中絶は、全身麻酔で行なわれます。

この時打たれる注射がものすごく痛いことは覚悟してください。
全身麻酔なので、食事を取っていくと危険です。何も飲んだり食べたりしないでください。
手術は15分ほどで終わりますが、3日間は絶対安静です。
手術が終わったあとが月経のように血が出ます。
タバコやお酒は、手術後10日間は我慢します。

入浴は医師の許可が出てからしか入れないので、当日は、入浴して行ったほうがいいでしょう。
性交渉も医師の許可が出てから、しかし普通は2週間後から、許可が出るようです。
手術後は、後ろめたさから病院に行きたくなくなる人もいますが、
自分の体のことです。診察は受けましょう。

edit

cms agent template0039/0040 ver1.001