季節を楽しむ

「旬」とは、食べ物が一年中でもっとも多く収穫でき、味もおいしい時期のことをいいます。そして旬のときは、他の時期よりも味がよく栄養価も高いのです。

>> COMMENT

「旬」とは、食べ物が一年中でもっとも多く収穫でき、味もおいしい時期のことをいいます。
そして旬のときは、他の時期よりも味がよく栄養価も高いのです。

「旬のもの」には次の季節の病気に対する免疫力を作る効果があるといわれています。
田舎に住んで一番嬉しいこと、なんだかわかりますか?

「旬の野菜や魚を食べられること!」です。
春にはたけのこやアスパラガス、夏はトマトやなすやきゅうり、秋には栗・しいたけ・さつまいも
冬はカブ・大根・白菜などなど近所の方がもってきてくれます。

なんて優しい人達なんでしょう(
春のアスパラガスは、おいしくて栄養たっぷり。さっとゆがいておひたしやツナとマヨネーズであえたり
ソテーにしてオムレツにいれてもおいしいです。

細いものよりも太いもののほうがやわらかくておいしく、緑があざやかで、穂先がしっかりしているものが
新鮮です。
夏といえばトマト、食欲がおちたり、疲れたりしたときにはトマトを食べると元気になるのです。
ビタミンCが豊富で、トマトの赤い色のもとになっているリコピンは、ガンなどの病気にかかるのをふせぐといわれています。

新鮮なトマトを選ぶポイントは、形が丸く、へたが緑色でピンとしていて皮がつやつやして
まっ赤に色づいたものがいいでしょう。

秋はやっぱりサツマイモです、炭水化物がたくさん含まれているので食べると
力がわいてきます。また、食物繊維がほかの野菜にくらべてとても多く、熱に強い
ビタミンC・E・B1も豊富でおやつもしてもおすすめです。


皮にツヤがあり、ずっしりとおもいものがいいでしょう!
寒さや乾燥に弱いので冷蔵庫にいれずに新聞紙につつんで保存します。

冬の野菜なのに「春の菊」と書く春菊はΒカロテンやビタミンC、鉄分、カルシウムが豊富です。
とくにΒカロテンは、細胞の老化やガン化を防いだり、風邪の予防にも役立ちます。

また春菊独特のかおりの成分には、胃腸の働きをよくしたり、せきをしずめたりする作用があります。
葉の色がこく、ツヤがあってみずみずしいものを選びましょう!
この前息子と一緒に畑にトマトをとりにいきました、その場で洗って塩で食べました。

素直にその食材の味を楽しみたいときは、塩が一番です。
旬の野菜でてんぷら、まぜご飯を作るのを家族みんな楽しみにしています。
たけのこご飯、たこ飯、山菜ご飯、ひじきご飯どれもおいしいです。

私はなすが大好きです。なすの料理は何品でも作れます。
揚げなす、焼きなす、なすの揚げびたし、田楽、なすカレー、なすと牛肉いため、チーズなす
なすの話をしていたらなすが食べたくなってきました。
今日の夕食はなすに決まりで~す。

CmsAgentTemplate0017/0018 ver1.009